• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

山形飯豊の雪景色

  • TOP
  • [blog]
  • 山形飯豊の雪景色
山形飯豊の雪景色

「寄りそうということ」
この作品のタイトルです。山形飯豊に取材した6号の雪景色ですが、今日、アルティオからお客様のもとへ嫁ぎました。

そのお客様は以前、英国の水彩画作品を嫁がせていただいてから、毎回個展にいらしてくださっています。「6号くらいの作品を見せてほしい」とのご連絡をいただいていたので、その大きさのものをお出ししておまちしていました。

「絵はわからない」なんていいながら、そのお客様の見る一点一点への感想が鋭くもありうれしいのです。
「この空間のグラデーションがいいね」
「まるで動いているよう、、、」
感性のおもむくままに見てくださっているのです。

最後にすぱっと「この絵にするよ」そして絵を手に提げ、「嫁にもらっていくよ」
その言葉がとても嬉しく響きました。

この水彩画のタイトルは、この景色を見た時、人間が自然に寄り添わせてもらっている、、、と感じたままを言葉に置き換えたものです。東北の冬は厳しいけど暖かいと思います。