• facebook
  • instagram
  • twitter
  • note
  • tumblr

Topics

6月1日、おかげさまで、古山拓絵画工房ランズエンドは独立から31年目に入りました。

自営業イラストレーターとして開業したのは1994年。
3DK自宅マンションの四畳半ルームでのスタートでした。

この30年を一言に表現するなら、

「角を曲がってつまづき転び、でもその先に道は開ける」

でしょうか。カッコつけすぎか笑

ここまで描くことでやってこれたのは、ひとえにご縁に支えられた以外にありえません。

深く深く、感謝申し上げます。

この絵は自宅の2階のアトリエに上がる階段にかけている作品で『Big Apple ぼくらの平和の作り方』(1030×728㎜)

階段を昇るたび「この絵の先がまだ見えてない」って思う絵です。心の支え的な一枚。

ロング&ワインディングロードはまだまだ続く、にしたいです。

◾️2024/5/22放送情報◾️

岩手放送ラジオ『新米ママの井戸端会議』で、絵本『一本の木がありました。』の制作裏側対談がオンエア。

放送日は5/22水曜午後17:45~ 18:00   15分枠です。

絵本『一本の木がありました。』の制作裏側をお喋りしました。

よかったらどうぞお聞きください。

 

 

 

◾️2024GWのアルティオオープン日のお知らせ◾️

森のアルティオは5/4(土曜)と5/5(日曜)は、ご予約なしOKのフリーオープンとしています。

オープン時間は10時〜17時です。

蔵王連峰界隈にお出かけの際は、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

 

 

◾️2024/3/8◾️

このたびJR東京駅と仙台駅で販売される「東北福興弁当」の掛け紙の水彩イラストを手がけました。

シリーズ12作目となる人気のお弁当です。

東京駅と仙台駅の駅弁屋で販売中です。

旅のお供にぜひお求めください。

 

 

Yahooニュース『小学生男子が選んだ「2023年心に残った絵本ベスト7」』で絵本『一本の木がありました。』が選ばれました

知育インスタグラマー「まめねこ」さんの記事で、原案と絵を手がけた『一本の木がありました。』が選ばれました。

選者は小学4年生の男の子。

年間240冊の本を読んでいるとのことです。

小学生の心に響いたことがとても嬉しいニュースでした。

記事はこちらからご覧になれます。

大阪・京阪百貨店『干支展』に出品

来年の干支「龍」を招福と上昇の祈りを込めて描きました。 3点を出品中です。

会場/京阪百貨店 6F インテリアアート売り場

会期/12/14(木)〜12/20(水)

ぜひどうぞ、足をお運びください。

 

 

 

◾️2023/11/27公開◾️

『ちび絵祭り』開催のお知らせです

年末恒例となりました『ちび絵祭り』の時期がやってきました。

水彩画家古山拓の描き出す、小さな水彩ワールド『ちび絵』と輸入雑貨の ウィンターフェアです。

風景、花、抽象画から来年の干支の龍の絵まで、さまざまな表現のラインナップです。

ジクレー複製画(シート・額なし)も、会期中はフェアスペシャルプライスにてご提供します。

手芸作家・藤村みゆきさんのミニコーナーも設置しますので、合わせてお楽しみください。

会場は|アサカLaboratory(せんだいメディアテークから徒歩2分)

   |住所:仙台市青葉区春日町2−15

会期は以下の4日間です。

12/7(木曜) 14:00〜18:30(初日は14時のスタートとなります)

12/8(金曜) 11:00〜18:30

12/9(土曜) 11:00〜18:30

12/10(土曜) 11:00〜16:00(最終日につき16時でクローズ)

皆様のお越しをお待ちしています!

🔳2023/11/26公開🔳

『海の見える丘・絵本版』限定オンライン販売

先日、所用があって、仙台から久々に横浜に行ってきました。

用事あれこれ済ます中、空き時間を使って横浜を散歩してきました。

高台にある外人墓地を訪問したおりに、すぐ隣の「港の見える丘公園」を訪ねました。

なぜ、「港の見える丘公園」だったのかと言いますと、古山拓が絵を手がけた絵本『海の見える丘・絵本版』へのリスペクトを込めて、です。

絵本の持ち合わせがなかったので、古山が絵本掲げている写真は、合成(笑)です。

絵本『海の見える丘・絵本版』は、昨年、版元の出版社が閉鎖してしまい、今は入手困難となっていますが、

当サイトのオンラインBASEショップで、在庫限りの5冊限定でお分けできます

最後の5冊につき、売り切れの場合はご容赦ください。

文章は、絵本『おごだでませんように』で有名な児童文学作家くすのきしげのりさん・作です。

横浜の海の見える丘を描いた本ではありませんが、

「幸せとはいったい何か?」への、ひとつの答えをメッセージとして込めた絵本です。

絵本クライマックスでは、古山が描いた渾身の海景が待っています。

読んでみたいな、という方は、ぜひオンラインショップへどうぞ。

 

 

 

2024年版古山拓水彩オリジナルカレンダーを、オンラインショップで販売中です。

ご希望の方は、オンラインショップページからご注文ください

ご注文を心よりお待ちしています。

■2023/11/15公開■

NHK文化センター仙台教室でワンデイ講座を開催することになりました。

「奏でるように描く透明水彩」

です。
2024年2月17日土曜日10:00〜12:00です。
レクチャーとデモンストレーションでの2時間です。
(受講の方の制作はありません。)

詳細は以下となりますので、仙台近郊で興味ある方は、ぜひお申し込みください。

https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1286496.html