• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

Topics

■ 2020/7/23更新■

7/25(土曜日) NHK「ウィークエンド東北」(東北限定)で私の震災への取り組みが紹介されます。朝7時半から。東北在住の方、お時間あればぜひご覧ください。

 

 

 

 

このたび、岩沼市民図書館さんからお声がけいただき、講演をすることになりました。

岩沼市民図書館 第9回文化講演会「なりたい自分になる」

7/23(木・祝)13:30~15:00

市民図書館2階 セミナールーム「阿武隈」

定員40名程度

講演終了後、会場内にて絵本・画文集ご購入の方へサイン会もございます。

申し込み方法/申込書に記入してカウンターにお持ちになるか、
お電話でお申しこみください。

申込・問合せ:岩沼市民図書館 TEL 0223-24-3131

また、7月17日(日)~8月2日(日) 図書館2階まちかどギャラリーにおいて『海の見える丘』と『子規と歩いた宮城』の原画を展示します。ぜひこちらもぜひご覧ください。

■ 2020/6/18更新 ■

コロナ禍で、開催が危ぶまれ、ご案内ができずにおりました大阪での作品展が、来週から始まります。
今まで「三密を避けるため、ご案内と告知はせずに開催」との会場側の苦渋の方針でしたが、告知の許可がおりましたのでリリースします。

古山拓水彩画展「かどをまがれば」
会場:大阪・阪神梅田本店9Fアートスペースです。
会期:6/24〜6/30

会期中は11時〜17時くらいまで会場入りする予定です。

まだまだコロナ禍が落ち着かない昨今です。くれぐれもご無理なきところで、お近くにいらした際には覗いていただけると幸いです。

アートスペースは、スペースとあるように小さな会場です。
作家の私もマスク着用とソーシャルディスタンスを心がけての会場入りさせていただきます。

失礼をする場合も多々あるかと思いますが、どうかご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

2020/5/27〜6/2 アートスペース無可有の郷にて、古山拓展「旅人」を開催します。

絵は心の旅への扉です。

古山拓が今まで旅してきたヨーロッパ各国、そして東北の水彩画、さらには抽象画をラインナップ。

田園の中にたたずむカフェ併設の素敵なギャラリー「アートスペース無可有の郷」まで、小さな旅にお出かけください。

作家古山拓の在廊日程は、以下の通りです。

28日初日・終日
30日土曜日・午後13時からクローズまで
31日日曜日・午後13時からクローズまで
最終日2日・午後13時から閉場まで

会場住所/宮城県柴田郡柴田町海老穴海老沢131

電話/0224-56-3584

会場ホームページ/https://mukaunosato.wixsite.com/art-space

マップ/googlemapはこちら

■ 2020/5/7 ■

コロナ自粛で臨時休業としておりました立町のギャラリーショップ店舗を再開しました。

当面の間、13時〜17時の短縮時間でのオープンとなります。ご予約時は時間外でも開店しますので、お時間の都合がつかない場合はご一報ください。

消毒液・換気等注意をはらいつつ営業再開です。皆様のお越しをお待ちしています。

ちび絵/プリンセスミチコ(¥14,300税込)

ヨーロピアンソープ人気商品です/サマセットトイレタリー/バーベナ/ローズペタル(¥770税込)

 

 

 

 

この度、4月23日から予定されていた川徳個展は中止となりましたが、全作品をアップしたweb個展サイトを作りました。

STAY HOMEでごお楽しみいただけます。また作品販売も承っております。

どうぞご覧ください。

https://takufuruyama.myportfolio.com

■ 2020年4月20日更新 ■

【盛岡・川徳デパートでの個展は中止となりました】
川徳個展「いつか君と見た風」は、4月23日から開催の方向で連日百貨店側と情報交換をしつつ、準備を進めて参りましたが、本日、百貨店から「新型コロナ対応のため、やむなく中止」の連絡が入りました。
岩手の皆様とは、また別の機会にお会いできることを楽しみに、今を凌ぎます。

(4月20日)

 

 

 

■ 2020年4月6日更新 ■
♢コロナ蔓延防止のため、暫くギャラリー店舗を臨時休業いたします♢5/7再開しました
いつもサイトをご覧いただきありがとうございます。
宮城県、仙台市の自粛要請を受け、4月4日〜6日とギャラリー店舗を臨時休業としていましたが、今後も暫く休業することにしました。
店主、作家とも健康ですが、アルティオ店舗を訪ねてくださる皆さまと私達の今後の健康を第一に考えて行動したいと思います。
なお、ネットを通じての水彩画のオーダー制作、販売、イラストの受注はいままでどおり続けてまいります。
 
4/23〜29は、盛岡カワトクで個展もあります。
岩手県の皆さまにご迷惑をおかけしないよう、万全の体調で臨みたいと考え、自宅アトリエにて絵の制作と準備に専念したい所存です。
 
それゆえ今後暫くは、ご来店はご予約いただいた場合のみ対応させてください。
こんな時だからこそ、絵やアートの持つ力、心にゆとりや癒しが必要だと思います。
アルティオはアートと石鹸のお店、必要なときにはお気軽に電話、メールなどでご連絡いただければ幸いです。
古山拓絵画工房ランズエンド(自宅制作アトリエ)
📞022-234-8228
古山拓携帯080-1817-4573
もちろんアトリエアルティオウェブサイトは随時更新、古山拓のFacebook、Twitterなども逐一情報をアップしてまいります。状況をみて、再開できるめどが立ちましたらすぐにお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

■ 2020年4月4日更新 ■

2020/4/23〜4/29 岩手・川徳デパートギャラリーカワトクで個展を開催します。

古山拓水彩画展 「いつか君と見た風」
ヨーロッパから岩手まで。水彩で描く旅風景の新作を中心に展示します。

会期/2020/4/23〜4/29百貨店開館時間に準じます(最終日午後4時閉場予定)
会場/岩手県盛岡市菜園1-10-1 川徳5階 ギャラリーカワトク

 作家古山は全日程、盛岡会場入りの予定ですが、変更の場合があります。

 

 

 

革新的なデジタル水彩ソフト(アプリ)「Rebelle3」を開発しているescape motions=エスケープモーションズ社が、10人の水彩アーティストとして、私=古山拓の作品を紹介しました。サイトescape motionsはこちらです。

以下は、エスケープモーションズ社がアーティストとしての私を紹介してくれた文です。

Japanese master painter and owner of his gallery focuses on traditional landscape paintings but is not afraid of experimenting with the digital medium. His art depicts both urban and rural sceneries showing his great taste and years of experience.

翻訳

「日本の画家であり、自身のギャラリーのオーナーでもある彼は、伝統的な風景画に焦点を当てていますが、デジタルメディアを試すことを恐れていません。彼の描く都市と農村の両方の風景には彼の素晴らしい味と長年の経験を見ることができます。」 

…なんとありがたいメッセージでしょうか。

今回取り上げられた作品は、山形の山寺・立石寺を「Rebelle3」を用いてペンタブレットで描いた作品でした。

私にとっては「絵筆と絵の具」も「デジタルアプリ」も、ともに表現のための「画材」です。

立石寺の絵はスペックの低いパソコンで描いた作品でしたが、1月に高スペックマシンを導入、「Rebelle3」をインストールしました。今まさに、私の新しいデジタル水彩ペインティングのスタートラインに立ったところです。

これからも「Rebelle3」の持っている様々な可能性を武器に、新たな作品制作に表現してみたいと思います。

今回ピックアップしてくれたescape motionsに、深く感謝申し上げます。