• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

怖いほどシンクロ。

  • TOP
  • [blog]
  • 怖いほどシンクロ。
怖いほどシンクロ。

気にかけていなければただの偶然、心に留めていることがおこると、それはシンクロニシティとなりますね。私は雑念が多いせいか、このシンクロニシティが結構多い。最近は驚くより、ニヤリのほうが多かったりして。これは間違いなくトシのせいだ。

過日、J:COM仙台の「仙台人図鑑」という番組に出演、20分ほどしゃべってきました。で、昨日、お相手してくれたパーソナリティ渡辺祥子さんから「ネットでの公開されたわよ〜」と連絡をいただきました。さっそく拝見、まあ、よくしゃべっていました(笑)、生まれてから今までの寄り道ジグザグギザギザ半生。絵描き志望の方、絵で生活を立てたい方、覗き見程度なら毒にはならないかも。薬にもならないね、多分、きっと。(いや、封印こそがむしろ世のためか)

そのおしゃべりの中で、アニメーター上がりの私をイラストレーターとして雇ってくれたある上司が登場するのです。25年ほど前のことです。その上司のお陰で今があると行ってもいい方ですが、久しくお会いしていませんでした。昨日映像を見て、ふとその上司「Mさん、元気かな?」って思ったわけです。

あけて今日,滅多に鳴らない電話がtrrrr…とると「お〜!古ちゃん、元気?仕事、頼めないかな〜」と懐かしい声!きたぞ、きたぜよ♩旅のカミサマ到来だ、ワクワク(ハラハラ)♩

いつもギリギリで仕事を突っ込む悪癖も変わらずのM氏(笑)まあ、これは必然、返事は0.0005秒。「やるしかないでしょう」と返事してました。
絵はそのMさんが初個展のときに買ってくれた、英国の小さな漁村Mouseholeを描いた一枚。もう20年以上前のこと。この電話がどこへ繋がって行くのか、おおかたワクワクしたときって良き道へ繋がっているもんです。シンクロの流れに乗ってみるとしよう^_^

最後に、「J:COM仙台の「仙台人図鑑」はこちらです」としっかり広報♩

画家・イラストレーター 古山拓さん