• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

あしたの世界へ

あしたの世界へ

絵本からのメッセージ 画家・タク

いままで私はイラストレーターとして、絵本の仕事を数冊、絵を手がけてきました。わずかではありますが。
絵本、、、といっても、私が手がけた仕事は、どちらかというと高学年から大人向けです。
それらは全て、なぜか絵本という体裁の中に普遍的なメッセージが託されている本ばかりです。
ですが、いままで「この仕事をさせてください!」と売り込んで結果手がけた仕事は、ひとつもありません。

「しゅるしゅるぱん」(おおぎやなぎちか・作)「あなたの一日が世界を変える」「交響曲『第九』歓びよ未来へ!」「海の見える丘」(3冊ともくすのきしげのり・作)…すべて、説明のつかない「流れ」で作者とお会いし、絵を担当した絵本ばかりなのです。

今、コロナウィルスが世界中の国々と人々の心を混乱の渕に陥れています。「そんないまだからこそ、これを読んでほしい」と切に思う絵本があります。
それは「あなたの一日が世界を変える」です。(図書館で借りれると思います。営業ではありません。)

実は、さし絵を描いていたときと「今」では、物語の行間から受け取るメッセージがちょっと違うのです。今こそ広く読まれるべき時だ、と、再読しながら思ったのです。

心の声は、たとえ出さなくとも共鳴する方の元へ伝播する、とわたしは信じています。
(そうでなければ、仙台という地方在住の、名も無い売り込み下手なイラストレーターが、上述のような絵本の仕事を任されるなんてありえないのです。)

今、悲しいかな世界が負の連鎖に陥りつつあるように感じます。
そんな今だからこそ、私はこの「あなたの一日が世界を変える」を読んでほしいと思っています。

たった一人が心の有り様を良き方向にチェンジすることは、世界の負の気をプラスに変えていく….小さいけれども大きなチェンジを生むと思います。

私は決して善人ではありません。立派な事を言えるような生き方はできていません。日々右往左往している恐がり絵描きです。
それでも、今まで描いてきた絵本を振り返ると、「大切なメッセージをわかりやすくするために、描く仕事を『誰か』から渡された」という感覚がぬぐえません。

今日、言いたいことはこうです。
「絵本を読んだ人間一人一人が、明日の世界への勇気あるメッセンジャーなんだ」
絵や絵本は、あくまでその礎にすぎません。

PHP研究所から刊行された「あなたの一日が世界を変える」は、奇しくも世界で翻訳版が出版されています。図書館でも借りることができると思います。

明日の世界のために、どうか、お読みいただけると嬉しいです。またお持ちの方は、ぜひ再読をおすすめします。気がつかなかった新しいメッセージを受け取るかもしれません。

絵本を読んだ皆さんの心に良き波紋が生まれ、その波紋が世界中の他の人の同じ心と共鳴し、世界を変える良き波紋になるよう祈ります。

明日の世界がすこしでも良くなりますように。

 

ありがとうございました。

今日、水彩ギャラリーに一枚の水彩画をアップしました。
気分転換によかったらごらんください。