• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

ゾーンに入るカッパのタクちゃん

  • TOP
  • [blog]
  • ゾーンに入るカッパのタクちゃん
ゾーンに入るカッパのタクちゃん

頭の上がカパッとひらく。
この感覚を久しぶりに味わいました。快感なんです。
別に前世がカッパだったというわけではありません。(つまらなすぎです、すいません。でも遠野には住んでいました)

昨日一本の電話がありました。
用件はクライアントにイメージを伝える、いわゆる「コンセプトスケッチ」を描く仕事でした。
電話とメールで打ち合せをすませ、鉛筆を走らせた途端、あたまのてっぺんが開きました。

うまく言えないのですが、そこからエネルギーが外に放出される感じ、なんです。
「ゾーンに入る」、なんてよく言いますけど、多分それ。

ここのところ世相反映してかイラスト仕事もなく、個展のための水彩画制作ばかりしていましたので、久しぶりの感覚で嬉しかったです。

といいつつ、個展のための水彩画の制作も進めているわけで、昨日出来上がった新作はこちらです。

「トスカーナからの手紙」。

25センチ×18センチと小さな絵ですが、この絵の制作には3ヶ月ほどかかっています。
背景から描き始めるのですが、背景仕上がった段階で、筆がストップ…。

もちろん下絵はあったのですが、色のイメージができずアトリエに立てかけてっぱなしでした。
それがふと、イタリアのニュースを聞いて筆を取った途端、一気呵成。
これもゾーンに入れたからできたんだろうな。

カッパの頭のお皿は、ゾーンに入るイメージを妖怪に託したのかもしれません(根拠まったくなし)。

イタリアは素敵な国です。混迷のふちにあるイタリアに、大いなる導きがありますように祈っています。