• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

詰まった思い出の行き先は…

  • TOP
  • [blog]
  • 詰まった思い出の行き先は…
詰まった思い出の行き先は…

ブログにようやくたどり着きました。

一ヶ月ほど更新が滞っていました。

体のメンテ入院が入ってしまったり、新聞の連載(挿絵)が始まったり、震災に関わる大仕事(だと思う。。。)が動き始めたり、カレンダーの水彩画が動いていたり、アニメの企画が進んでいたりと、右往左往の日々です。

新しいチャレンジも新アプリをマスターせねばならずで、これを乗り越えたらいいことがあるかな、、、と、導きに従って日々をこなしています。

今、新聞連載中の児童文学への挿絵が楽しい毎週です。タイトルは「みちのく山のゆなな」。作家はおおぎやなぎちかさんです。一週間って、こんなにも速かったっけか???と思うほど、締め切りがあっという間に到来。今日も2カット、描いて送りました。

話は変わって、今、隣の家が取り壊されています。住人だった老夫妻とも長いお付き合いだっただけに、毎日聞こえてくる重機のバリバリ、、、という音が、それはとても寂しく感じられます。

我が家も古い家です。壊される時がいずれは来るんでしょうけど、詰まった思い出は、どこへ飛んでいくのだろう??誰か教えて欲しい。

今日の絵柄は、連載挿絵の「みちのく山のゆなな」からワンカット、そして、トップの水彩画は某社から依頼されているカレンダー用の絵柄です。私のストックデータからレンタルのストックホルム風景です。