• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

古河電池様2021カレンダー紹介

  • TOP
  • [blog]
  • 古河電池様2021カレンダー紹介
古河電池様2021カレンダー紹介

年があらたまり、部屋のカレンダーを一新する心地よさって、ありますよね。大掃除でヘトヘトになって、最後の仕上げがカレンダーの掛け替え。我が家のルーティンの一つです。

昨年は二つの企業様のカレンダーの絵柄を担当しましたが、今日はその一つ、「古河電池株式会社」様のカレンダーの絵柄を紹介します。古河電池さんは、バッテリーを中心とした蓄電池の製造メーカーです。ちなみに小惑星探査機初代「はやぶさ」「はやぶさ2」には、古河電池さんの作ったリチウムイオンバッテリーが搭載されています。

「旅の追憶」というタイトルでまとめられた大判カレンダーですが、水彩画はどの絵にも小さく車の要素を入れてあります。もちろん車載バッテリーメーカーゆえんのこだわりです。

私が旅してきたヨーロッパの街から6シーンを描き下ろしました。今日は1月2月の絵柄、ザルツブルグを紹介します。

元々、なぜ私がザルツブルグを訪れようと思ったか?理由は、映画「サウンドオブミュージック」にあります。初めてスクリーンで見たのは高校生の頃。盛岡名劇でした。オープニングから鳥肌が立ちっぱなしでした。誰もが知っている「ドレミの歌」。そのロケ地となったオーストリア・ザルツブルグをなんとしても訪れたい、そんな思いで旅した町です。

ああ、ドレミの歌のシーンが見たくなってきた(笑