• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

#ステイホーム

  • TOP
  • #ステイホーム

その姿を描き写した絵をみせると、疫病退散のおまじないになると言われている、「アマビエ」。

↓こちらが古文書に書かれた、今、一気にブレイク中のアマビエ様です。みたことある方も多いと思います。

 

「今、絵描きができること・その2」として、タクが彼なりにアマビエを描きました。(その1はウェブ個展ギャラリー

岩手出身(遠野物語世界)+ケルト好き(妖精世界)のタクが、イマジネーションで描いたアマビエです。サインにはいつもと違うフルターク=Furtarchsのサイン。これはタクが落書きイラストの時に使うペンネームだそうです(笑)

↓フルタークの描く#アマビエ様

この画像は個人で使う分に関して、ダウンロードフリーとしました。

もし気に入ったら、どうぞ、ダウンロードしてください。(問い合わせフォームからメッセージなどいただけると、タクは喜ぶと思います)

以下、ウィキペディアからのアマビエに関する転載です。

++++

江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという。この話は挿図付きで瓦版に取り上げられ、遠く江戸にまで伝えられた[3]

弘化3年4月中旬(1846年5月上旬[注 2])のこと、毎夜、海中に光る物体が出没していたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。姿形について言葉では書き留められていないが、挿図が添えられている。

その者は、役人に対して「私は海中に住むアマビエと申す者なり」と名乗り、「当年より6ヶ年の間[注 3]は諸国で豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行った。(wikipediaより抜粋転載)

++++

フルターク#アマビエチャレンジ!一刻も早くcovid19禍が収束しますように。

 

 

臨時クローズ中のアルティオからの手紙

外出自粛中のみなさまへ。
バーチャル「旅気分」お届けの一枚です。

絵は「パリの窓辺」。
2017年、南仏を旅しましたが、帰国前に数泊したパリの宿は、凱旋門が見える部屋でした。

若い頃からバックパッカーであちこち旅してきた店主クミコと作家タクです。
いつもは下町の安宿が常。そんな宿は大概窓辺の風景が「狭い通り」か「裏庭」になるのです。(それはそれで味わいある)

この部屋の眺めには、参りました。★の数は眺めの良さでもあるんだなあ、と思いました。

ちなみに、私たちは、どんなチープな旅でも帰国前日の宿は奮発します。

というのも、はじめての放浪旅の最後の日、泊まった宿が最悪でした。…旅の思い出が全てしぼんだ気になりました

それ以来、終わり良ければ全てよし!と、最後のホテルを吟味します。

この絵は嫁いで、今は思い出だけです。

皆様、この連休はステイホーム。
美術、音楽、哲学、文学で美を追求しましょう。

 

写真は、泊まったホテルの窓辺からのスナップです。

アパルトメントの数だけステイホームがある。

どんな人が、どんな思いで地球の反対側で暮らしているんだろう?

笑顔のステイホームだってあるはず。そう思っています。