• facebook
  • instagram
  • twitter
  • note
  • tumblr

#透明水彩

  • TOP
  • #透明水彩

『古山拓水彩画展~旅絵:tabi:e ~』開催

会期:10/6(木)〜10/12(水)

会場:藤崎 6階:美術ギャラリー  

芸術の秋10月恒例開催となっております、藤崎デパートでの個展のご案内です。
旅の水彩画個展を初めて発表した1997年初個展から四半世紀が経ちました。
異国を、そして日本を歩き続け描いてきた水彩画は、旅の豊かな恵みでした。
お気に入りの一枚の旅絵を見つけにぜひどうぞご来場ください。
(作家は全日程在廊予定です)
阪神梅田本店個展スタートまで、一週間を切りました。
「旅絵」とタイトルをつけた今回の展示会ですが、
ヨーロッパの旅風景はもとより、拙著画文集「子規と歩いた宮城・はて知らずの記水彩紀行」の原画も展示します。
今回の展示企画が持ち上がったときに、大阪の画商さんと百貨店側から伝えられた言葉は、
「はて知らずの記水彩紀行の原画を展示してほしい」
開催場所が「宮城」ならともかく、「大阪」です。
そのお声がけ、心から嬉しかったです。
実は、子規の東北旅を辿ったのは2011年。
震災直後のことでした。
被災地はまだまだ混乱。
正岡子規が目指した松島は、奇跡的に被害が少なかったことが救いでした。
河北新報夕刊に新聞連載という形での発表でしたが、企画自体は震災前に決まっていました。
震災を挟んで編集者さんが「古山さん、連載、イケます??」
と、被災地への取材を慮っての電話をもらったことを覚えています。
取材旅はいろいろなことを考えさせられました。
結果、それらを絵と文章で表現した仕事でしたが、
今にして思うと、震災を越えるための正岡子規が時代の向こう側から僕にくれたものだと思っています。
ぜひ、ご覧いただけると嬉しいです。
会場/阪神梅田本店8F ハローカルチャー2
会期/7/27〜8/2
会期中は、11時〜18時在廊しています。 

ちょうど七夕に合わせたかのように、仙台七夕吹き流しが表紙にあしらわれた七十七銀行のミニディズクロージャ誌が行内に配置配布されていました。

古山が絵柄を担当したものです。短い東北の夏到来を告げられたよう。涼をいただきました。

仙台七夕まつりは8月です。今年の夏は大勢の観光客に来てもらいたいものです。 

こけしのしまぬき本店ギャラリーで、『水彩で描く古山拓の仙台・みちのく風景展』が開催中です。展示会期は7/3まで。(森のアルティオギャラリーは、7/2(土)3(日)はクローズです)
作家在廊予定は以下です。
・6/29(水) 11時〜14時
・7/1(金) 10時半〜13時半
・7/2(土) 10時半〜17時
・7/3(日) 10時半〜17時
透明水彩で描かれた、仙台宮城、山形、福島の東北南三県の風景を30点ほど展示販売しています。
風鈴の音が涼しいこけしのしまぬき本店へ、ぜひお出かけください。
 

明日20日から東京京橋のギャラリーで個展がスタートします。初日は遅めの14時オープンです。朝の新幹線で東京入りし、即展示搬入、オープンします。久しぶりの東京個展、また、ギャラリーモーツァルトさんにご縁いただいての新しい空間での展示です。

今回は小さな画集から、今まで手がけた絵本や児童書も準備しました。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

東京最終日は25日ですが、その日、仙台では「こけしのしまぬき本店」主催の「古山拓の仙台・みちのく風景展」が始まります。会期中、できる限り会場に入る予定ですが、不在の時はご容赦ください。

そしてその後、7月27日(水)から8月2日(火)、阪神梅田本店での個展へと続きます。こちらはリニューアルオープンした梅田本店8階の=アートスペース「ハローカルチャー」での展示です。個展タイトルの冠を「旅絵:Tabi-e」としました。ヨーロッパの旅風景から拙著「子規と歩いた宮城」の原画まで展示します。

が、素敵な出会いばかりが待っていてくれそうです。この三つの展示に関わってくださっている全ての方へ、そして来てくださる皆様へ、ありがとうございます!

LAND’S END #63 古山拓水彩画展 「LettersXXX」案内DM青葉城伊達政宗像越しに仙台を望む

 

 

■2022/6/19更新■

7月27日(水)から阪神梅田本店8階:ハローカルチャー2のスペースで個展が開催されます。作家古山も全日程、会場入り予定です。

合わせて、ウェブの「阪神美術散歩」で展示作品が数展紹介されました。お気に入りの作品がございましたらオンラインでご購入いただけます。

この機会に、ぜひご覧ください。

 

 

 

ゴールデンウィークは、沢山のお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。
いつもは週末のみのオープンが、今回5日間ずっと開けていましたので、フリーのお客様、ご近所さんにも来ていただき、久しぶりにお店らしいアルティオでした。
 
さて、来週5/15〜17はHUB×アルティオ企画!早3回目となります。
今回はラベンダーをテーマにしたコーナーを作ろうと思っています。もちろん、人気のちび絵もラインナップ。ぜひブリティッシュパブHUB仙台一番町4丁目店にご来店ください。
会期中は会場に入っていますので、森のアルティオはお休みです。
HUB×アルティオ企画『アルティオ小さなマーケット』
出店日程 5/15(日)出店時間12:00〜20:00
   5/16(月)出店時間16:00〜20:00
   5/17(火)出店時間16:00〜20:00
会場 ブリティッシュパブHUB仙台一番町4丁目店 仙台市青葉区一番町4丁目4-33ブラザービル1F

LAND’S END #62古山拓個展 「いつか見た風の輝き」

会場:アートスペース無可有の郷

会期:5/26(木)〜31(火)10:30〜17:00・最終日は16時終了

宮城の風景からヨーロッパ旅風景まで、オリジナリティあふれる透明水彩画を展示いたします。会場のアートスペース無可有の郷はカフェを併設、また、薔薇が咲き乱れるお庭でも有名です。アートなオフタイムを、バラ咲き乱れるガーデンでお楽しみください。

会場住所:宮城県柴田郡柴田町海老穴海老沢131

おかげさまで、岩手盛岡での水彩画個展が終了しました。透明水彩で描いた風景画を約70点展示。ヨーロッパや岩手の旅風景を楽しんでもらえれば、、とのラインナップでした。トップの画像は岩手県宮古の浄土ヶ浜を描いた水彩画です。

ふるさとでの展覧会でしたので、小学校の同級生や、中学、高校時代の悪友まで、懐かしい友達や先輩諸氏にお世話になりました。ありがとうございました。

会場でのお客様との出会いも楽しみの一つですが、旧友や先輩方との夜の一献もまた、ふるさと個展の楽しみにしていることの一つです。会期中は見事に毎晩一献でした。

今年はぼくも還暦を迎えます。ぼくは自営業かつ作家なので定年はないのですが、自ずと友達の定年後の話に。友人の一人は新しいビジネスを立ち上げるとのこと、その話で盛り上がりました。

ぼくは、広告や表現の世界で長年生きてきたせいか、モノゴトをタテヨコナナメ、俯瞰したり、下から見上げたりする癖があります。友達は事業立ち上げにあたってあることで悩んでいましたが、ぼくの目線で話したところ、新しい解決が見えたようで、どうやら役に立った模様。

人間、無駄なことはなく、えてきた体験は誰かの役に立つものだなあ、となんだか感慨深かったです。

というと、なんだ、古山は飲んでばかりいたんじゃないか、と思われますが、日中は朝から会場入りしてしっかり接客していました(笑)。おかげさまで2年に一回ペースで重ねてきた盛岡川徳個展は次回2024年4月に会期が決まりました。ホッとしています。

今後の予定ですが、

5/16.17.18の三日間、ブリティッシュパブHUB仙台一番町4丁目店で、ちび絵と雑貨のミニ展示。HUB×ARTIOコラボ第三弾。

5/26〜31が宮城県南柴田町「アートスペース無何有の郷」展。

6/20〜25が東京・京橋「ギャラリーモーツァルト」展。

6/25〜7/3が仙台「こけしのしまぬき」で仙台〜東北風景を中心とした展示

7月下旬が大阪の百貨店で展示企画が今、動いています。

ほぼ毎月、どこかで作品を壁面に並べていますので、お近くの方どうぞお立ち寄りください。

水彩画展示が新聞で取り上げられました

水彩画個展の記事

 

 

 

 

LAND’S END #61 古山拓水彩画展 「いつか見た風の輝き」

会場:盛岡・川徳デパート5階・ギャラリーカワトク

会期:4/21(木)〜26(火)午前10時開店〜午後6時30分閉店・最終日は午後4時終了※状況により変更となる場合がございます。

ヨーロッパや岩手の旅風景を描いた水彩画を展示いたします。 また、宮沢賢治の「春と修羅」の印象から描いた連作も出品します。 2年前には開催直前にコロナ禍第一波で急遽中止となり、今回は四年ぶりの川徳個展です。全日会場入りの予定です。皆様のお越しをお待ちしています。