• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

リボーン

リボーン

五回目となる銀座個展が無事終了し、仙台に戻りました。
1997年の初個展から数えて51回目の展示でしたが、気持ちよく笑顔で仙台に戻ることができました。ご来場くださった皆様、そして嫁入りさせていただいたお客様に心より感謝申し上げます。
いただいたご縁をこれからの制作に活かしてまいります。心より御礼申しあげます。

仙台に戻って、さっそくアルティオに入りました。
個展出発直前に「上階からの大漏水」で水浸しになってしまった店舗です。
作家の私が銀座出張中に、店長が復旧業者とやりとりをかさねていました。

思った以上に漏水がひどく,使い物にならない商品や絵と、大丈夫なものの選別、避難にかなり手間がかかったようです。自宅の中に避難させたものが山積み。
相手は水。上水道の水だとはいえ、店内の壁や天井が完全に乾かないと復旧ができないとのこと。しばらく店舗は休業をよぎなくされています。

何人かのいつもいらしてくださっているお客様が店舗に来て、びっくりしたとのこと。こころよりお詫び申し上げます。
復旧完了次第、リニューアルしつつ新生アトリエアルティオを再開させたいです。

名古屋にいらっしゃるお客様のFさんが「リボーンアルティオですね」と嬉しいメッセージをくださいました。関東、関西や遠くは山口からも応援のエールをいただいています。

会期中に,横浜在住の友人のミステリ小説家Y.Oさんと久しぶりにゆっくり話す機会がありました。
あれこれ話しましたが、心に残った言葉がありました。「小説はですね、びっくりさせる連続じゃ心に残らないのです。心に残る物語は「挫折からの再生」といった永遠のドラマがないと、、、」。。。そうです、アルティオも再生=リボーンなんだ。みなさんの応援を糧にがんばっていきます。

数日前、復旧ファースとステージの電気の復旧がすみました。濡れた電気製品はカルキの影響で使えず、全て交換とのこと。スポット照明が新しいものに交換されました。

リボーンへの道のりはブログで発信して行きますので、今後ともどうぞアルティオを宜しくお願い申し上げます。

そういえば、ギャラリーオーナーから「古山さんは、前回は入院騒ぎだったし、今回は水難、、、ほんとアクシデントを乗り越える作家さんよね」と。これは絶品の褒め言葉、と受け止めました^_^