• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

倉敷で絵本原画展

  • TOP
  • [blog]
  • 倉敷で絵本原画展
倉敷で絵本原画展

日本には今、1741の市町村があります。旅好きではありますが、訪れた町は、その数字の百分の一程度でしょう。

そして、再訪する場所はさらに少なくなるのですが、逆に引っ張られる土地もまたあるものです。岡山県がそのひとつです。

岡山県美咲町にある華蔵寺ご住職と偶然あったのは、ハワイのホテルフロントでした。ご住職との出会いは必然としか思えない出来事でした。

それが震災を経て、ご住職とインドへ一緒に旅をしたり、岡山市でのインド旅個展に繋がったり、なにかが導いているとしか思えないほど、岡山には縁をいただいています。

先般、絵本「海の見える丘」(作・くすのきしげのり/星の環会)の絵をてがけました。
出版後、出版社星の環会の営業部長・池水さんから連絡がありました。

「古山さん、絵本の原画展の企画があります。協力してくれませんか?」

「もちろん喜んで!。で、場所は東京?本屋さんですか?」

「いえ、仙台から遠いんですが…場所は岡山県。倉敷の絵本専門店「つづきの絵本屋」さんです。」

「えっ!? 倉敷!?

脳裏には1988年のことがよみがえっていました.
当時結婚したばかりのわたしたちが新婚旅行で訪れたのが、岡山県倉敷市だったのです。

私たちの人生の道標になった倉敷へのいざないです。
池水さんへの返事はもちろん「やりましょう」。
即答でした。

「つづきの絵本屋」さんでは、『くすのきしげのりトークイベント&古山拓『海の見える丘』原画展』が2020年1月に開催されます。

店舗内ギャラリーでは、1月5日()~21日()まで原画展とコンセプトラフスケッチを展示します。
ラフスケッチは産みの苦しみ?楽しさが鉛筆素描に現れていて、描き手の私が言うのもヘンなはなしですが、「一見の価値あり」だとおもいます。

また、文担当のくすのきさん。絵担当の古山、そして出版社 星の環会の池水さんの三人が一堂に会するトークイベントが以下の日程要項で開催されます。

1月12日()14:00~

つづきの絵本屋 

http://tsuzukinoehonya.com/

参加費 ,000円 

30名 (要予約・お申し込みは、つづきの絵本屋TEL&FAX(086)476-0415まで

終了後、サイン会あり

場所や土地の持つ波長って、あるのです。

それが自分と合うか合わないか。そのフィーリングを察する感度をもっているかどうかで「人生」という旅は変わってくるように思えます。

1741の市町村の中でふたたび縁をもらった倉敷は、なにを見せてくれるのだろう?

倉敷という,私どもにとって特別な場所で、絵本を通してみなさまとお会いできる奇蹟を楽しみにしています。

古山拓のイラストレーションに感度が合った方は、イラストレーションギャラリーページへどうぞ。
いやいや、イラストじゃなく水彩画が見たい、というかたにオススメのギャラリーはこちらです。