• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

人生とはかくも奇遇な

  • TOP
  • [blog]
  • 人生とはかくも奇遇な
人生とはかくも奇遇な

一気に秋めいてきました。秋恒例とさせていただいている藤崎個展まで、あと一週間ほどです。
額装もほぼ形が整い、あと数点を残すのみ。個展サブタイトルは「旅人」。新型コロナで渡航が難しい中。せめて絵に旅を楽しんでもらいたいです。

そんな中、イラストレーターの大先輩である村上かつみさんと会いました。
12月8日からの村上さんとの二人展の打ち合わせです。

詳しいことは今は割愛しますが、村上さんの作品を初めて拝見したのは、実は高校生の時です。
あれから40年。私からの二人展ラブコールに応えてもらえるとは、人生とはかくも長い時間をかけて奇遇な計らいをしてくれます。

詳しくは追って徐々にアップしていきますが、それぞれが大切にしている文学をテーマにします。

と、12月の予告でしたが、今日のビジュアルは目前に迫った藤崎個展出品作から「南仏の路地」。

この絵は、額装が見ものです。フレーマーイチオシの「こうきたか」的額装と相成りました。会場でご覧いただければ嬉しいです。
藤崎デパート美術ギャラリーでの個展は10月1日から7日までです。