• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

子規と歩いたみちのく

  • TOP
  • [blog]
  • 子規と歩いたみちのく
子規と歩いたみちのく

水彩画と文を担当している旅エッセイが掲載された「メルカート」が手元に届きました。裏表紙のエッセイを担当していますが、エッセイですから徒然なるまま。というわけで、毎回切り口は変えています。

今回は正岡子規が歩いた秋田を取り上げています。

以下、エッセイをアップします。正岡子規の旅を辿る楽しさが伝われば嬉しいです。(ちなみに拙著「子規と歩いた宮城」は当サイトのショップで通販可能です。ご希望の方はContact usよりお問い合わせください。)

+ + +

秋田・大須郷  
 「夕 陽 に 馬 洗 ひ け り 秋 の 海」 正岡子規
 
これは、山形県吹浦で日本海に落ちる夕陽を詠んだ、正岡子規の句だ。明治二十六年、子規は上野から鉄道で東北入りし、著作「はて知らずの記」に多くの俳句と当時の様子を残している。

以前の連載でイザベラバードの辿った山形県飯豊を取り上げたが、私の絵の風景モチーフを探す方法の一つが、紀行文に書かれた道を辿るという手法だ。それは書き手の思いの追体験といってもいい。

宮城県から山形県に徒歩で入った子規は、大石田から最上川を舟で下り、清川で上陸する。酒田、荒瀬、遊佐と羽州浜街道を歩いて北上、吹浦で冒頭の句を詠んだ。

吹浦の海岸で陽が沈み、子規が宿を求めたのが、秋田県に入ってすぐの大須郷だった。「はて知らずの記」には、「行き暮れて大須郷に宿る」とある。

今まで私も日本海に沿ったルートを何度も旅してきた。しかし、子規の紀行文を読んでいなかったならば、大須郷は立ち寄ることさえなかったように思う。

家並みは変わったかもしれないが、子規が感じた風の中に自分が立っている。そう思うだけで、大須郷の素朴な田園は心に迫る風景となった。

(一部ブログ向けに改訂)