• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

あいまいな終わりとゆるやかな始まり

  • TOP
  • [blog]
  • あいまいな終わりとゆるやかな始まり
あいまいな終わりとゆるやかな始まり

今まで生きてきたことを振り返ってみると、卒業、とか、退社、開業、そういったいわゆる「節目」のはっきりした記憶がない。

勤続○○年叙勲の高級時計とか、映画で見たことがあるけど、フリーランス自営業は節目の記念品を仲間からもらうことも無い。

そんなわけで節目はいつも曖昧で、日々に追われているうちに忘れてしまう。

昨日8月31日は、立町のギャラリーアトリエ・アルティオの賃貸契約終了日だった。

がらんとした室内で管理会社の立会人を待っていると、「こんにちは!」と女性と子供の声が。
振り返ると扉の向こうに、通り向かいの「すまいる立町保育園」の先生方とちびっ子たち。

「今日がアルティオさん、終わりですね。みんなでこれを作りました。受け取ってください」と先生から促されちびっこの手から渡されたのは、ハロウィーンの時の写真をコラージュした、色紙。
下には「2021年8月31日」の手書き文字。

節目に記念品を貰うなんて初めてのことだった。
じわっと視野の端が滲んだ。

何かの終わりの時には、すでに新しいことが動き始めていた。
だから何が終わりで、何が始まりだったかは常に曖昧なままだ。
あたかも旅で街から街へ移動するがの如く。
街境に人が立てた標識はあれど、その周囲の空気に線引きは、無い。

ぼくらの旅は、その繰り返しだった。曖昧な終わりと緩やかな始まり。
それでいいと思う。

色紙は、額に納めて森のアルティオのプライベートに飾っておこうと思います。