• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

ラジオの夕刻

ラジオの夕刻

他の業界の方と仕事で会うことが時々あります。イラストや絵の業界にいて自分が当たり前と思っていたことを、きゅっと見直し復旧させてくれるので、好きです。

今日はNHK仙台放送ラジオ第一「ゴジだっちゃ!」に夕方五時半から生出演してきました。番組ブログでも取り上げられていますので、ご覧ください。描く仕事に至ったいきさつや、手がけた絵本「交響曲『第九』歓びよ未来へ!」のお話をしてきました。
http://www.nhk.or.jp/daccha-blog/100/

スタジオ入りする前に、パーソナリティさんやディレクターさんといろいろ話をしましたが、そのうけこたえには、本番と同じくらい「あ!そうか!」がありました。こういう機会に仕事モード?で他の業界の方と話すと、自分はいかに狭い業界に生きているのかを痛感…。

しかし業界以上に世間は狭い。わたしは20年以上前に、とあるラジオ局での収録に立ち会ったことがありましたが、ディレクターさんはその時ミキサーをなさっていた方でした。いや、おどろきました。
仙台は100万都市ですが、30年も暮らしていると、向こう三軒両隣はどこかで誰かに繋がっている、ということですね。悪いこと、できないよ。

トップの絵は局入り直前までギャラリー・アルティオ内で仕上げていた絵。ポルトガル・エヴォラ風景です。