• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

「暮らしの思い出」を水彩画に残す

  • TOP
  • [blog]
  • 「暮らしの思い出」を水彩画に残す
「暮らしの思い出」を水彩画に残す

お世話になっているお客様Hさんが、有り難くもお得意様Sさんへ私の作品を紹介くださいました。そのことがきっかけでオーダーをいただき、福島県川俣町へ取材で行ってきました。

転居することになったのを機に、今住んでいる家から見える風景を、水彩画として描き残してほしい、とのオーダーでの取材でした。もちろんそのお得意様Sさんと私が会うのははじめてです。

紹介くださったHさんの運転するクルマで、お得意様の家へ。着くと紅葉が見事。

「暮らしの思い出」を水彩画で残す。それはただ風景水彩画を描くことではないんですね。思い出を共有して描くのです。HさんとSさん、そして娘さんと会話を交わしつつの半日は、私もわずかですが「Sさんの思い出」の仲間入りすることができました

*  *   *

思い出は様々なかたちで蘇ります。

今朝、窓を開けたときに吸った空気は、一瞬かつて旅したイギリスのスターリングという町で泊まった旅籠の朝を思い出させました。そしてスターリングで描いた絵を見ました。すると忘れていたスターリングでの思い出が次から次へと心に浮かんできました。

空気から蘇る思い出もあれば、水彩画が呼び起こす記憶もあるのですね。

絵を描く仕事で人様の思い出に関われること。その有り難さに感謝しています。

(絵はスターリングの旅籠から描いた一枚です。夫婦がホストでしたがレンタカーのバッテリー上がりで焦った私を笑顔でサポートしてくれたり、とても素敵なオーナー夫妻でした。紅葉の写真は川俣町常泉寺から見た紅葉です。)