• facebook
  • instagram
  • twitter
  • google+
  • tumblr

古山拓のスコットランド紀行:スカイ島ポートリー〜ネス湖〜ダフタウン

  • TOP
  • [blog]
  • 古山拓のスコットランド紀行:スカイ島ポートリー〜ネス湖〜ダフタウン
古山拓のスコットランド紀行:スカイ島ポートリー〜ネス湖〜ダフタウン
スコットランド紀行、つづきです。絵はスカイ島の海辺の破船を描いた「ケルト残照」と北のはての山並みを描いた「果てへの道」
 
前回はスカイ島のポートリーでした。
さて、スカイ島からネス湖経由で、モルト好きの聖地の一つ、スペイ川沿い(スペイサイドですね)のダフタウンへクルマを飛ばします。今日のハイランドは、曇りのち雨^_^寒い一日です。
 
飛ばすと言っても、あっちこっちでつい寄り道してしまうのが旅の面白さ。
 
スカイ島の端っこまで行ってみたり、
ネス湖のアーカート城でお昼(スープランチだった)を食べたり、
看板につられ、バリンダロッホ城に寄り道したり、
ダフタウンへ着いたのは夕刻でした。
宿は、小さな町のシティセンターにある小さなB&B。
 
その宿のオーナーが、「ミスタフルヤマ 、チョット事務所ニオイデ」と。
なんだろうな、、、と行ってみると、パソコンのモニターにはグーグルアースに見慣れた我が家が。
「ミスタフルヤマ のニッポンの家はここなんだ〜」と嬉しそう。僕はあまり嬉しくはなかったけど(笑
 
宿の隣のレストランでのポッチディナーは、サーモンにワイン。もちろん食後酒はシングルモルト。
日本では聞いたこともない名のウィスキーが書かれていたので尋ねると、
「蒸留所が閉鎖されて、今は数本しか店にない」と。
言われたぼくは、「それにします」
 
ワインリストはなかったけど、シングルモルトリストなるものを初めてみました。写真に撮らなかったのが悔やまれます。
 
ダフタウンは蒸留所が五つもある、ウィスキー好きにはたまらない町です。その蒸留所散歩は、また次回に。